カード払いのメリットとは

クレジットカードやデビットカードなどは、日本で利用しているものをそのまま海外旅行で使えることも多くあります。 海外の買い物にこうしたカードを利用する最大のメリットは、失くしたり盗まれたりした時の対策ができるという点です。カード類は大抵の場合暗証番号がないと使用することができません。また、気付いた時点でカード会社に連絡すれば、停止してもらうことも可能です。何かあっても被害を最低限に抑えることが可能です。 また、特に高額な支払いを現金でしていると、「現金を持ち歩いている観光客」として、犯罪の標的になってしまうこともあり得ます。身を守るという意味でも、カードの利用が理に適っていると言えるでしょう。 ただし、事前に手続きが必要となる場合もあるので、旅行の前によく調べておくことは必要です。

現金払いのメリットとは

カードが安全とは言っても、現金が必要ないわけではありません。 個人商店や屋台などでは、やはりカードが使えない場合が多くあります。少額な支払いだと、カードの利用が嫌がられることもあるでしょう。また、小銭を持っていると、チップを渡すのにも役立ちます。 さらに、場合によっては、カードを利用することで、情報が不正に読み取られるという危険性もあります。安全が確信できない場合は、現金で支払った方が無難かもしれません。 一度に大金を持ち歩くのでなければ、現金自体がリスクの原因になるわけではありません。小銭や小額紙幣などを中心に持ち、必要に応じて使い分けていくのが、海外旅行での最も安全なお金の使い方なのではないでしょうか。